How to ワケル

How to ワケル引っ越して来る人編

引越して来る人編

ごみの分別は市町村ごとに違っています。仙台市に早く慣れて、楽しい毎日を送っていただくために、ワケルファミリーとともに、さっそくごみ減量・リサイクルを始めましょう。

ごみ集積所に出すもの
当日の早朝から朝8時30分までに出しましょう。夜間は出せません。

家庭ごみ(週2回:指定袋)
家庭ごみ指定袋 大2.JPG

[出せるもの]

生ごみ、紙おむつ、かさ、せともの、割れ物、小型の電気製品やプラスチック製品など、資源物(プラ、缶・ぴん・ペットボトル・廃乾電池類、紙類)でない、概ね30cm以下のもの。

come_img_401b.gif

※ガラスや刃物類などは、厚紙に包み、指定袋にキケンと書いて出してください。

プラスチック製容器包装(週1回:指定袋)
プラ指定袋 大2.JPG

[出せるもの]

プラスチック製の容器や包装で、プラマークのついているもの。
プラスチック製品は入れない。

※中身は使い切って、汚れを落としてから指定袋に入れてください。

缶・びん・ペットボトル・廃乾電池類(週1回:黄色い回収箱)
come_img_401d.gif

[出せるもの]

食べ物、飲み物などが入っていたびん、缶、
ペットボトル(PETマークのもの)、なべなどの金属製品。
筒型乾電池、水銀体温計、蛍光管など。

※缶はつぶさない、びんやペットボトルはフタをはずします。ペットボトルはラベルもはずして、つぶして出してください。

紙類(月2回:ひもで十文字に束ねる)

[出せるもの]

新聞紙・折込チラシ、段ボール、紙パック、雑誌、雑がみ

※雑がみは紙袋や大きな紙に包んでから、ひもで十文字にしばってください。紙以外のもの(防水加工、ビニールコートなど)、感熱紙、臭いや汚れのついている紙は混ぜないでください。

 

ごみを減らすために
ごみ減量のため、3R(スリーアール)をすすめましょう!

Reduce(リデュース)Reuse(リユース)Recycle(リサイクル)の3つの頭文字をとって、「3R」といいます。
Reduce(ごみを減らす)
過剰包装やレジ袋を断る
食材は使いきる、食べきる
できるだけバラ売りを買う など
Reuse(繰り返し使う)
マイバック、マイはしなどを持ち歩く
詰め替え商品を選び、容器は何度も使う
飲み物はリターナブルびん入りを購入する など
Recycle(資源に再生して使う)
缶・びん・ペットボトル等、プラスチック製容器包装は正しく分別して、収集日に出す
紙類は紙類定期回収や集団資源回収などに出す
食品トレイ、ボタン電池などは店頭回収に出す など