生ごみ減量・リサイクル

生ごみ減量・リサイクル肥料「杜のめぐみ」を配布しています

仙台市の公共施設からの生ごみ等減量の取り組みについて

 新・仙台市環境行動計画に基づき,本市の公共施設から発生する生ごみ等有機性廃棄物のリサイクルに取り組んでおります。

 本市では,平成14年度より石積埋立処分場(富谷市)に自己処理施設として「仙台市堆肥化センター」を設置し,市立学校給食からの生ごみや公園街路樹の剪定枝及びし尿系の脱水汚泥等を堆肥化し,公共事業等に利用するなど循環利用しています。

仙台市堆肥化センター
▲仙台市堆肥化センター
「杜のめぐみ」を利用している公共施設
▲「杜のめぐみ」を利用している公共施設
(仙台市新田東総合運動場)

 堆肥化センターにおいて製造される肥料は「杜のめぐみ」として,肥料取締法に基づき,農林水産大臣に「普通肥料」として届出・登録しております。「杜のめぐみ」は,本市の公園,街路などの緑化事業を中心に活用されるほか,市民センターや学校,町内会での植栽や花壇等にも提供し,「百年の杜づくり」に取り組んでおります。

肥料「杜のめぐみ」
▲肥料「杜のめぐみ」

》》「杜のめぐみ」成分表、製造量・配布実績

※震災以降に製造した「杜のめぐみ」については、定期的に放射性セシウムの検査を実施し、農林水産省が設定した暫定許容値(400ベクレル/kg)を下回っていることを確認しています。 

【申込み要件】
  町内会などの地域団体や学校などの公共施設で管理している花壇等に使用する場合に限ります。(個人の申込みは受け付けておりません)

【申込み方法】
  下記の使用申込書に必要事項を記入の上、FAXで廃棄物企画課までお送りください。

 杜のめぐみ使用申込書(word形式35KB)

【配布方法】
  お申込みいただいた日時・場所での引渡しとなります。なお、引渡しは各区の環境事業所は20袋まで、21袋以上は仙台市堆肥化センターとなります。